医療分野コーチングプログラム
AEメディカル

DVD・書籍注文

Vol.8 事実承認

昨年の4月に入職したKさん(入職1年)
特別目立つタイプではないが、どんなことでも積極的に一生懸命取り組むタイプ。

<お昼の食堂にて>

師長:
Kさん、お疲れ様。
K :
お疲れ様です。
師長:
一緒の席に座っていい?
K :
はい、どうぞ。
師長:
最近、調子はどう?
K :
覚えることがたくさんあって大変ですけど、私なりに頑張ってます!
師長:
そうですか。いつも頑張ってくれていますね。Kさん、この病院に入ってきてもうすぐ1年になりますね。
K :
そうなんですよ。この1年、とっても早かった気がします。
師長:
覚えることがたくさんある中で、院内研修に積極的に参加してますね。
K :
はい、できるだけ参加するよう心がけています。
師長:
とってもいいことです。患者様との会話も随分うまくできるようになったと思いま すよ。
K :
そうですかぁ 師長さんからそう言われると嬉しいです!
師長:
もう少しすると後輩が入ってきます。先輩ナースとして、いろんなことを教えてあげて下さいね。
K :
そうですね〜先輩になるんですね。なんかドキドキしますけど、私にできること は何でもしたいと思います。
師長:
お願いしますね。期待してますよ!
K :
頑張ります!!

この事例は、師長が事実承認を使いながら部下の成長と期待を口にしています。

★事実承認

成長や成果(プロセス)を指摘して承認することを言います。例えば「最近、仕事の段取りが良くなったね」「分かりやすい文章が書けるようになったね」とタイミングよく心をこめて褒めれば、十分な事実承認になります。そのことにより部下は喜びや達成感を得ることができるのです。特に新人ナースには、この事実承認を多く使うと機能します。ただし、事実承認をするためには日頃から部下のことをしっかりと見て、知っておく必要があります。

戻る


AEメディカル Contact: info@ae-medical.com    Tel.092-739-7522

Copyright 2009 AE Medical CO.,Ltd. All rights reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

URL: http::/www.ae-medical.com/