有限会社AEメディカル

資料請求

コミュニケーション上手への第一歩

2018/08/08

その方法であなたの言いたいことは相手に過不足なく伝わっていますか?

先日、「幸せの黄色いたすき」という記事を読みました。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180611/k10011472141000.html

記事の内容は、視覚障害者の方がサポートを希望している時黄色いたすきを活用しサポートを受けられれば、という内容でした。

黄色いたすきは「2~3分サポートをお願い」と黒い字で少し離れた場所からでも読めるような大きさの字で書いてあります。ホームドアのない駅のホーム、自動販売機で飲み物を買いたい時、初めて訪れるお店…視覚障害のある方が生活する上で存在する、少しの手助けがあれば乗り越えられる困難をサポートしてほしいことを周囲に簡単に知らせることができる。そして、メッセージの受け取り手も、自分ができる時に声をかけることができる、という仕組みになっています。

コミュニケーションと言えば、顔を見合わせて会話したり、電話で話したりを思い浮かべやすいと思います。しかし、コミュニケーションの方法はメールやSNS上でという方法もありますし、メモや手紙でという方法もあります。また、面と向かって話し合う時でも「ノンバーバルコミュニケーション」と言う言葉があるように、言葉を介しての物だけでなくたくさんの情報が行きかうのがコミュニケーションです。

例えば、部下が今月はめざましい成績を残している。それをほめたい時にどうつたえるのが相手に最も伝わるのでしょうか?方法はたくさんあり、その中で最適なものを選ぶというところからコミュニケーションは始まるのかもしれません。

最適な方法を選んで、コミュニケーション上手になってほシカ!